目の症状と治療

緑内障と白内障はどのような病気か

緑内障と白内障はともに目に起こる病気です。緑内障は眼圧が上昇することで視神経が障害を受け、視界が徐々に狭まります。40歳以上で比較的発生率が高く、途中失明の原因として2番目に挙げられるなど危険性が高い病気です。発症の原因としては、眼球を満たしている房水が排出されるシュレム管が詰まって急激に眼圧が上昇する急性の緑内障や、シュレム管の手前でフィルターの役目をする線維柱帯が目詰りを起こして徐々に眼圧が上昇する慢性型の緑内障があります。一方の白内障は、目のレンズである水晶体が白く濁ってしまう病気であり、光を過剰に眩しく感じたり、視力の低下などが起こります。白内障は50歳代でかすみ目などの症状が出始め、60歳代以上で更に患者が増える傾向にあります。また糖尿病やアトピー性皮膚炎の合併症として発症する例も見られます。

治療法について

急性の緑内障は発作が起こってから一日以内に処置をすることが重要であり、遅れるほど失明の危険が高まります。眼薬で眼圧を下げて房水の排出経路を新たに作る手術を行います。ゆっくりと進行する慢性の緑内障の場合は、薬での眼圧のコントロールを行い、薬が効きづらい場合には房水の排出経路を作る手術を行います。白内障の場合は、薬で完治させることは難しいので、症状の進行を遅らせるための薬を使用します。日常生活に支障をきたすほど症状が進行してしまった場合には眼内レンズを埋め込む手術を行います。眼内レンズを埋め込むとピントが合う距離が固定されるため、日常生活でどの距離を見ることが多いのか自分のライフスタイルに合った手術を受ける必要があります。手元をよく見えるようにしたいのであれば、遠くを見るときは眼鏡などを使うことになります。